『低侵襲上顎洞挙上手術』日本語版 出版のご案内

GAO Director Dr.Heoの書籍『低侵襲上顎洞挙上手術』の日本語版がついに出版されました。

GAO(Global Academy of Osseointegration)はネオバイオテック社とパートナーシップを組む世界的な学術団体です。
今回出版された『低侵襲上顎洞挙上手術』では、開発者であるDr.Heo自らSCA・SLAキットを正しく使いこなすためのノウハウを徹底解説しました。
日本語版の監訳・翻訳にはGAO Core Memberである高橋恭久先生・中島康先生・桝屋順一先生・丸尾勝一郎先生が参加しました。

是非ご一読下さい。

[su_box title=”          低侵襲上顎洞挙上手術(MINIMALLY INVASIVE SINUS SURGERY)”]

 低侵襲上顎洞挙上手術(MINIMALLY INVASIVE SINUS SURGERY)
   ~ 上顎臼歯部の新しいインプラント治療プロトコール ~
   ※ A4判変型・316項・オールカラー / 定価(本体 10,000円+税)
監著・編集  Dr. Young-Ku Heo(Dr.Heo歯科、Neobiotech Co., Ltd. CEO)
    / GAO Director
監訳  高橋恭久 先生(高橋スマイル歯科)/ GAO Core Member
翻訳  中島康 先生(なかじま歯科医院)/ GAO Core Member
   桝屋順一 先生(桝屋歯科医院)/ GAO Core Member
   丸尾勝一郎 先生(三軒茶屋マルオ歯科)/ GAO Core Member

Chapter Contents
第1章  上顎臼歯部を理解する
第2章  インプラント固定の種類
第3章  Heoの上顎洞 CMI 分類
第4章  新しい SinusCrestal アプローチの手技
第5章  SCA 法の臨床症例
第6章  SLA 法 新しいサイナスラテラルアプローチの方法
第7章  SLA 法の臨床症例
第8章  SCA/SLA の科学的根拠 上顎臼歯部における手技、CMI 固定、
   荷重負荷のプロコール上顎臼歯部を理解する

[/su_box]

詳細は、下記内容をご覧ください。