桝屋順一先生 講演会 2020年 開催日程

インプラント治療は広く一般に認知され、歯科治療に欠かせない治療方法の一つとなりました。そして、私たち歯科医療サイドはその適応症の拡大のために、様々な手法を取り入れて実践してきました。 しかしながら、患者さんに安心してインプラント治療を受けて頂けるような説明と契約の準備が不足し、その予後について不安を訴える患者さんが比較的多いと感じます。 そこで今回は臨床の場で頻繁に遭遇する、埋入部位の骨が不足しているケースや上顎骨の高さが不足するケース等を中心に、その手法をお話しするとともに、その説明や契約についても触れたいと思います。 また、インプラントの良好な予後を獲得するために必要な手技やインプラントシステムについて症例を通して、できるだけわかりやすく説明したいと思います。

※ 講師紹介(桝屋順一先生)

 


・ 桝屋歯科医院(長崎市)
・ 日本口腔インプラント学会専門医
・ 日本顎咬合学会咬み合わせ認定医
・ 日本歯周病学会会員
・ 日本臨床歯周病学会会員
・ NeoBiotech社公認インストラクター
・ 長崎歯科衛生士専門学校講師

※ 主な講演会内容

ベーシックコース
◆ 経年的な骨吸収が少なく、予知性の高いインプラント処置を行うために必要な考え方と技術 (基本への回帰)
◆ IS-Ⅱactive インプラントの特徴と使用方法
◆ 抜歯窩に骨を確実に造成させるには(Socket Preservation)
◆ 安全で確実なソケットリフトの手法(SCAキットの使用方法)
◆ 絶対に揃えておきたい、インプラント治療に必要なツール
アドバンスコース
◎ インプラント埋入時の勘所
◎ 自家骨・人工骨・CGFについて
◎ ソケットプリザベーションの手法
◎ 安全で確実なソケットリフトの手法
◎ インプラント撤去ツールの使い方 ※ 実習
補綴コース
● 印象法の分類と使い分け
● オープントレー法 / クローズドトレー法の使い分けと印象採得の手順(実習)
● ヒーリングアバットメントの選択や骨縁下埋入時のSubCrestalカバースクリューの選択
● チェアサイドでの簡便な Screw- Retained Provisional Restorationの作製方法(解説)
● マルチユニット・アバットメントを用いた上部構造作製のための印象ステップ(実習)

※ 開催日程

講演会・セミナー詳細は、内容が決まり次第順次掲載します。

◆印がついた講演会は、実習付のコースとなります。 実習に使用した桝屋先生オリジナル模型はお持ち帰りいただけます。

講演会・セミナー詳細は、内容が決まり次第順次掲載します。

◆印がついた講演会は、実習付のコースとなります。 実習に使用した桝屋先生オリジナル模型はお持ち帰りいただけます。
詳細情報については、下記 [ 日付・地区・地域(○営業所) ] を選択してください。

2020年 2月 2日(日)東海・浜松(浜松営業所)  

[ 東 海・浜松 ] アクトシティ浜松 コングレスセンター 53・54 会議室
2020年 2月 2日(日) 10:00 ~ 15:00

会 場 アクトシティ浜松 コングレスセンター 53・54 会議室
開催日 2020年 2月 2日(日) 10:00 ~ 15:00
定 員 先着 20名 ※ 定員になり次第、締め切らせていただきます。
受講料 歯科医師:49,500円(税込/昼食代)
お問い合わせ 和田精密歯研株式会社 浜松営業所 担当:高林
TEL:053-468-2012 FAX : 053-468-2013
20200202masuya_hamamatsu
チラシのダウンロードはこちらから

詳細情報については、各 [ 日付・地区・地域(○営業所)] を選択してください。